県革新懇ニュース−平民の暮らし

【18.10.10】村上俊雄(革新・愛知の会代表世話人/事務室長)

 翁長さんの急逝には、夫の死以来の悲しみを得た83歳、倒れた夫と二人で一人前と公言する人、リスタート集会で寄せられたカンパ(一人で10万円の人も)を持参した東部革新懇などが沖縄へ
 デニー候補はいじめられた体験を、翁長樹子さんは「県民の判断が下されるまで待とうと思っていた。しかし政府が権力を行使して沖縄を愚弄してくるのであえてマイクを握った」、と語った(ひやみかちうまんちゅの会9/22)
 総裁選でアベ首相は明文改憲を争点にした。結果、党員の45%からNO!を、そしてオキナワでも否を!ウソ・権力による政治手法が裏目に。
 臨時国会ではアベ政治の追及を!災害列島への対応、人権・暮らしの充実、モリカケの責任を問う。そして改憲論議を許さず、参院選での統一へ。
(村上俊雄 革新・愛知の会代表世話人/事務室長)

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS