憲法を生かし、暮らし、民主主義、平和が花ひらく「国民が主人公」の日本をめざして

10月30日開催、「講演と文化の夕べ」にご参加いただきましてありがとうございました。

会場でよびかけた辺野古基金カンパは34万5342円でした。
さっそく、辺野古基金に送金いたしました。

当日は予想をこえる会場満員となり、ご参加の皆様にご不便をおかけいたしまして申し訳ありませんでした。

皆様のご理解とご協力に心より感謝申し上げます。

主催者一同

「県革新懇ニュースの新着記事ページへ

【18.11.10】前川喜平さん(前文部科学省事務次官)――日本の政治の危機に声をあげていこう! (この人に聞く)

 10月30日、革新・愛知の会は「講演と文化の夕べ」を開催し文部科学省元事務次官の前川喜平さんが「国家権力の私物化!見過ごせなかった私の信条―モリカケ・教育・憲法」と題して講演しました。地下楽屋もいっぱいになる1300人余が参加しました。前川喜平さんのお話(要旨)をご紹介します。  (編集 革新・愛知の会事務室)

【18.11.10】平和ですべての人が安心して生活できる社会を (多数派めざして)

【18.10.10】村上俊雄(革新・愛知の会代表世話人/事務室長) (平民の暮らし)

【18.10.10】町田明隆(民主革新・中の会)――「活動のデパート」さらに地域に根ざした活動をめざして (わがまちの革新懇)

【18.10.10】加藤 洪太郎さん(弁護士)―誰のための改憲か 本質を見抜く!主権者の力で (この人に聞く)

弁護士の加藤洪太郎さんにインタビューをお願いし、名古屋第一法律事務所をたずねました。「創業50年・得意と世代を結ぶ自立型弁護士31名のクラスター」の名刺をいただき、お話を伺いました。事務所のこと、九条の会の活動のこと、国民主権のこと、主権者の力など語っていただきました。(聞き手・撮影/岩中美保子)

【18.09.10】森原康仁さん―政治を変えるために5割の無党派層に広く打って出る (この人に聞く)

 市民連合みえの事務局で活躍された森原康仁さん。市民と野党の共闘の今後の可能性、秋に向かってのたたかい、運動をすすめるうえでの確信と展望などを語っていただきました。 *今回のインタビューは初めての試みでメールでのインタビューとなりました。

【18.09.10】古川大暁―(革新・愛知の会代表世話人/民青同盟愛知県委員長) (平民の暮らし)

【18.09.10】中西八郎(南区革新の会)―改憲発議なんとしても阻止を!無党派の方々との連帯で (わがまちの革新懇)

「革新懇の活動」の新着記事ページへ

【18.10.30】「講演と文化の夕べ」―会場満員!勇気と連帯の輪ひろがる (革新・愛知の会の活動)

【18.11.17】11.3岡崎集会 (地域革新懇)

【18.10.27】3000万署名と市民と野党の共闘をさらに―革新・あつたの会 (地域革新懇)

【18.10.19】10・19地域一斉行動&名駅・栄・金山大宣伝行動 (革新・愛知の会の活動)

【18.04.28】3000万署名―中川アクション (地域革新懇)

 

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS