県革新懇ニュース−平民の暮らし

【11.06.14】青木陽子さん(作家・革新愛知の会代表世話人)

 東日本大震災に続く原発事故とその後の経過におののいている。
 被爆国日本に原発なんて、とずっと思ってきた。豊かな社会のためにと原発を容認する人々に対し、苛立ちと無力感があった。今、そこを考え直す動きが出てきたのは嬉しい。「こと、ここに至って」ではあるが。
 これまでも様々な問題の度に「民意」と呼ばれるものとの隔たりにストレスを感じてきた。規制緩和肯定論しかり、自己責任論しかり、市長主導の市議会リコール署名しかり。時間の経過が問題点を明らかにしてくれることもあるが、その頃にはまた別のまやかしが世を覆っている。
 食糧などの配給の列に整然と並ぶ被災者の姿が感動的に報道されている。私たちは礼儀正しく素直に「災害」にも耐えられる? 否、「人災」を二度と起こさせない強い意思こそ「民意」であることを示したい。

このページの先頭にもどる

携帯電話用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS